ニュースリリース


2003年8月8日
<報道関係者各位>

DVD+RW 4倍速書き込みに対応した
大容量書き込みドライブの新製品「DRW4410」を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、大容量の書き込みに対応した新製品「DRW4410」を製品ラインアップに追加いたします。今回投入される新商品は、DVD+RW4倍速書き込みに対応することで、AOpenの多彩な光学ドライブ群をさらに強化するものとなります。


高速な処理能力のパソコンの普及に伴い、大容量で高速な書き込みが行える記録装置の需要が高まる中、AOpenはDVD+RWで4倍速の書き込みに対応する光学装置「DVD4410」を投入致します。

高速書き込み
大容量書き込みドライブ「DRW4410」はDVD+RW 4倍速書き込みに対応した初のドライブです。書き込みに対応するメディアはDVD+RW/+R(最大4倍速書き込み、データ転送速度 5.52 MB/s)、CD-R/RW(最大24倍速データ転送速度3.6MB/s, 10倍速データ転送速度1.5MB/s)、読み出しはDVD-ROM、DVD-R/RW、DVD+R/+RW、CD-ROM、CD-R/RWに対応。読み出し速度は、DVDの各メディアが最大8倍速、CDの各メディアが40倍速、転送速度6.0Mとなっています。
Just Linkテクノロジー
Just Linkは、リコー社によって独自開発された新技術で、バッファアンダーランエラーの発生を事前に予測し、自動的に回避する機能です。DRW4410は、このJust Linkテクノロジーを採用し、高速な書き込み速度や書き込み動作中に他の作業を行った場合でも、バッファアンダーランエラーが発生せず、安定した書き込みを行うことができます。
高い信頼性
改良された耐熱設計および最適化電力制御(Optimum Power Control, OPC)機能により、記録時の信頼性が大幅に向上しました。OPC機能が書き込み時の信号レベルを常にモニタし、汚れのあるディスクへの書き込みなどでは出力調整を行います。これにより記録信号が平均化され、信頼性が際立って向上しました。
優れた互換性 - DVD+VR方式の書き込みに対応
DRW4410は、一般に流通する全てのCD/DVD記録形式に対応し、offering full backward-compatible CD-ROM/DVD-ROM ドライブおよびメディアの標準に対する完全な下位互換性があります。さらにビデオフォーマット「DVD+VR」方式で作成したディスクは、追記や書き換え後も、民生用DVDデッキなどで再生可能な状態を保つことができます。
静音性
優れた発熱防止デザインにより本体にファンや通気ダクトがない密閉タイプのため、防塵性と静音性の高いドライブです。ステッピングモータも静音性の高いものを採用しているので、動作音は気になりません。

■DRW4410の主な仕様

製品型番 DRW4410
対応書き込みメディア DVD+RW, DVD+R, CD-R, CD-RW
最大書き込み速度 DVD+R/+RW4倍速, CD-R24倍速, CD-RW10倍速
最大読み出し速度 DVD8倍速, CD40倍速
インターフェース ATAPI
平均アクセスタイム DVD 140ms, CD 120ms
データバッファメモリ 2MB
設置条件 横置き / 縦置き

製品のより詳しい仕様については、製品情報をご参照ください。


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ