ニュースリリース


2003年10月14日
<報道関係者各位>

高性能・拡張性を更に追求するintel865Gチップセット搭載の
マイクロATXマザーボード新製品「MX4SGI-4DL」を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、intel865Gチップセットを搭載する新製品「MX4SGI-4DL」マザーボードを発表しました。


  「MX4SGI-4DL」は、intel社製865Gチップセット搭載しており、FSB800,デュアルチャンネルDDR400,ハイパースレッティング,USB2.0,AGP8xなど最新機能に対応しています。サウスブリッジにICH5を組み合わせることにより、シリアルATAも対応出来ます。また、CSA接続の高速ギガビットLANを標準で搭載、DIMM スロット 4本を採用することにより、メモリ最高4GBを搭載可能!これからのニーズを的確にとらえた仕様になっています。  


intel Gigabit Lanチップ搭載・超高速CSA接続

  「MX4SGI-4DL」はintelのGigabit Lanチップを採用し、CSA接続の伝送速度は通常のPCI接続よりも倍の伝送速度が可能となります。CSAはCommunication Streaming Architectureの略で、MCHに直結されるネットワーク専用のインターフェイスのことを表します。機能的には、MCHとICHを接続するHub Interface 1.5を転用したものであり、最大266Mbytes/sの帯域を確保します。その他、AOpen製品ならではのわかりやすい日本語マニュアル、日本語組立ガイドの付属はもちろん、DIMM スロットは4本を搭載しており、最大4GBのメモリを拡張することも可能です。マイクロATXでありながら、パフォーマンスへの追求も妥協せず、初心者から上級者まで幅広く満足のできる製品になっています。


■MX4SGI-4DL/MX4SG-Nの比較表

型番 MX4SGI-4DL MX4SG-N
チップセット intel 865G intel 865G
FSB 800MHz 800MHz
グラフィックス 1 AGP 8X
&OnDie
 1 AGP 8X
&OnDie
メモリ  DDR400/333/266 DDR400/333/266
 LAN intel CSA接続 Gigabit Lan Chip Broadcom 10/100Mbps Lan Chip
Serail ATA  2(100) 2(100)
DIMM 4(Dual Channel)
Max 4GB
2(Dual Channel)
Max 2GB
EzWinflash
DieHard Bios Lite
日本語マニュアル


製品のより詳しい仕様については、製品情報をご参照ください。


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ