ニュースリリース


2003年12月1日
<報道関係者各位>

次世代CPU FMB1.5 Prescott CPU及びPentium 4 Extreme Editionに対応するマザーボードを発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、次世代FMB1.5 Prescott CPU及びPentium 4 Extreme Edition に対応するマザーボードを発表しました。


  来年発売される予定のIntel次世代CPU FMB1.5 Prescott CPU及び3次キャッシュメモリ2MBを内蔵しているPentium 4 Extreme Editionに対応するマザーボードをAOpenからいち早く発表。Ultra Valueシリーズの第1弾「AX4SG-UL」「AX4SPE-UL」が最新BIOSをアップデートするだけで、両方対応できるようになります。AX4C MAX IIは最新BIOSをアップデートすれば、現在最も高処理能力を誇るPentium 4 Extreme Editionに対応することになります。その他のラインナップの対応情報は随時ホームページ上で更新致します。

■主要マザーボードの対応状況

型番 Pentium 4 Extreme Edtion  FMB1.5 Prescott CPU
AX4C MAX II R1.08J △※1
AX4SG Max R1.09 ×
AX4SPE Max R1.10 ×
AX4SG-UL  R1.04 R1.04
AX4SPE-UL R1.05 R1.05


※1:現在のAX4C MAX IIはFMB1.5Prescott CPUに対応しておりません。
「Prescott Support」シールを貼ってある4C MAXIIが対応バージョンとなります。


製品のより詳しい仕様については、製品情報をご参照ください。


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ