ニュースリリース


2004年9月18日
<報道関係者各位>

Centrino対応のノートベアシステムを発売

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、Pentium Mプロセッサ/ Celeron Mプロセッサ搭載可能なノートベアシステムを発表しました。


1551-AG1はCentrino対応のノートベアシステムです。B5サイズの持ち歩きに最適な寸法(296(W) x 205(D) x 33 (H)mm)と重量(本製品のみ1.7Kg)に収まっています。CPUには消費電力設計のPentium MおよびCeleron Mプロセッサを採用しました。自作の楽しみをノートでも体験していただきたく組立てのしやすさを追求した結果、組立てにはわずか10分しかかからないようにCPU、メモリ、HDDは全てノートの裏面から取り付けできるように設計しました。

CPUはBaniasコアおよびDothanコアのPentium Mプロセッサ、また低コストで自作ノートを作りたい方にはCeleron Mプロセッサも対応しています。メインメモリは通常のノート用SO-DIMM(2スロット 最大1GB)、HDDはノート用の標準2.5"タイプを採用しています。液晶は12インチのクリアワイドパネルを搭載しています。最大解像度1280 x 800、DVDなどを大迫力で再生できるグレアタイプのTFTを採用しました。ワイヤレスLAN用にminiPCIスロットもノートの背面にあり、モバイルユースに最適なスペックです。

モバイルを重視してバッテリには4cellの最大2.75時間連続 稼動します。CPU、メモリ、HDDなどを搭載してもわずか1.8-1.9Kgと1日持ち歩いても疲れない重さです。PCカード(Type I & II)、CFカードスロット、USB2.0ポート x2、IEEE1394 x1、D-SUB15ピン出力、またノートではめずらしいS端子テレビ出力を搭載しています。ネットワークは56Kモデム、10/100 BASE-TX LAN、ワイヤレスLAN(別売り)などあらゆる環境に対応できるようにしました。


 

 

 

小売希望価格はオープンプライスで、9月下旬からAOpen製品販売を開始します。

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■1551-AG1
http://aopen.jp/products/baresystem/1551-ag1.html
 

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ