ニュースリリース


2004年8月10日
<報道関係者各位>

Prescott対応スリムベアシステム2モデル発売

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、ソケット478ピン Pentium 4プレスコットコア対応のスリムベアシステムを発表しました。


Prescott対応スリム型ベアシステムが2モデル発売になります。Intel 865Gチップ搭載Pentium4 3.4GHzサポートの高性能モデルA8865-PおよびSiS661FXチップ搭載コストパフォーマンスモデルA3661-Pです。

 小型ベアシステムとしては最大の250ワット電源を搭載し、高クロックのCPUに対応させました。CPUクーラー(写真右)も2本の銅製ヒートパイプを採用し発熱を効率よくケースの外に放出できるようにいたしました。そのほかにも拡張に必要なロープロファイル対応のAGPスロットおよびPCIスロット、USB2.0x4ポート、またIEEE1394x3ポート搭載しています。

 Pentium4 3.4GHz(プレスコットコア)まで対応した高性能スリムベアシステムです。もちろん静音にもこだわっています。銅製のヒートパイプを採用した温度によって可変するファン付のCPUクーラーを標準付属させています。A8865-PはAOpenオリジナルベアシステム専用のケース(Slim Blazer : 写真左)を用いています。A3661-Pは省スペースを追求したH360B(写真中央)を採用しております。
 


A8865-P     A3661-P    

 ACP4SH


小売希望価格はオープンプライスで、8月旬からAOpen製品販売を開始します。

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■A8865-P
http://aopen.jp/products/baresystem/a8865-p.html

■A3661-P
http://aopen.jp/products/baresystem/a3661-p.html
 

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ