ニュースリリース


2004年7月26日
<報道関係者各位>

Pentium4に対応360w電源搭載、マイクロATXケ−ス  『VL-201-360シリ−ズ』を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、 Pentium4、Athlon64に対応可能な360W電源を標準搭載した、マイクロATXケースを発売致します。


IEEE1394等のオンボ−ドデバイスがマザ−ボ−ドに付属し、PCIデバイスを増設する必要性が失われていく中、小スペ−スで事足りるマイクロATXマザ−ボ−ドに人気が集まってきています。しかし高速なCPU、ビデオカ−ドといった消費電力が大きく、排熱も多いハ−ドウェアに対応できるケ−スがほとんど無いのが実情です。エーオ−プンジャパンは、これまでに培ったノウハウをふんだんに使い厳選した、一味も二味も違うこだわりのマイクロATXケ−スをご用意致しました。

ボディは頑丈なスチ−ル(金属)を使い、電源はLGA775 Pentium4に必要な24pinコネクタ-(変換コネクタ−により)を備えた360W、ドライブの色を選ばないフェイスガ−ドが付いた5インチベイが2基、3.5インチベイは2基、シャドウベイは2基とヘビ−ユ−ザ−にもうれしい高拡張性。フロントポ−トは、USB2.0が2基、IEEE1394が1基、ヘッドフォン・マイク端子が各1基ずつ用意され、サイドパネルにintel推奨のエア−ダクトを標準装備し、高速ビデオカ−ドの排熱をエア−ダクトから放熱します。後面にも8cm角FANを搭載可能と、ケ−ス内部の通風状態を良好に保てます。

お奨めポイントは、CPUやマザ−ボ−ドといったハ−ドウェアが放出している不要電磁波『EMI』を、ケ−ス本体で低減させる機構が標準で搭載され、人体への有害な電磁波をカットできる、体をいたわる人に優しいケ−スです。

カラ−は、落ち着いた雰囲気のダ−クグレイ『VL-201-360DG』と、おしゃれなダ−クブル−『VL-201-360BL』の2色をご用意。ボディ−カラ−が違えばケ−スの雰囲気もがらりと変わります。

メ−カ−小売希望価格:オープンプライス、発売開始:8月上旬予定

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ