ニュースリリース


2005年1月19日
<報道関係者各位>

 Centrinoモバイル・テクノロジー準拠のSonoma対応Alviso(915GM)チップセット搭載ノートベアシステムを発売

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、FSB533/400に対応したPentium Mプロセッサ搭載可能なAlviso(915GM/ICH6M)チップ搭載のノートベアシステム1558-JLを発売いたします。


世界初の次世代Alviso搭載ノートベアシステムです。Cenrtrinoテクノロジーに対応しており、socket 479のPentium M (Dothan)搭載可能、FSB533およびFSB400対応です。ノースブリッジにはFSB533対応の915GM、サウスブリッジにはPCI Express対応のICH6Mを搭載しています。2ピンドルタイプであり液晶には15インチの高品質パネルを採用しました。フルカラーにて最大1024x768 (XGA)まだ表示可能です。


今までノートパソコンはデスクトップに比べて遅く拡張性が低いといわれていましたが、最新のチップセット915GM/ICH6Mを採用することによってHDDにはシリアルATA、メモリにはDual Channel対応DDR2 SO-DIMMを対応できました。体感速度はHDDによって左右されましたが、シリアルATAなら最大150MB/sの転送速度が可能であり、メモリもDDR 2-533 Dual Channelで最大4.3GB/sの転送速度が引き出せるため全体的なスピードアップが可能になりました。またPCI Expressをサポートしています。PCI Express接続の次世代インターフェースであるExpress Cardスロットも搭載しています。

1558-JLの寸法は幅330 x 奥行き275 x 32.1〜40.1 (mm)、本体重量は約2.8Kg(HDD、光学ドライブ、付属バッテリ搭載時)です。バッテリは連続稼動5.4時間と充分のバッテリライフです。5つのランチボタンによりワイヤレスのON/OFF、インターネット起動、メールソフト起動などがボタン1つで操作できます。ノート左側面にはSD/MMC/MS/XD対応カードリーダーライターを搭載しておりデジタルカメラのデータを直接取り込めます。また、PCの電源を投入しなくても音楽CDが視聴できるAudioDJ機能を搭載しています。ちょっとした時間に 音楽を聴いてリフレッシュできます。


完全日本語マニュアル、そしてフルカラーの日本語組立てガイドブックが付属していますのではじめてのユーザーでも迷わずにノートパソコンが自作できます。組立てにはたったの15分でできてしまう簡単設計です。


小売希望価格はオープンプライスで、1月下旬からAOpen製品販売を開始します。
製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■1558-JL
http://aopen.jp/products/baresystem/1558-jl.html
 

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ