ニュースリリース


2005年1月20日
<報道関係者各位>

BTX規格に準拠したデスクトップ型PCケースを発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、BTX規格を採用したデスクトップ型PCケースの発売を発表しました。


ATXの次世代規格になる、BTX規格に準拠したデスクトップ型PCケースが発売になります。

高性能CPUは放熱温度が高く、PCケース内の熱をどのように逃がすかが大きな課題でした。BTXはケース内に流れる気流を一元化し、スムーズな放熱を実現した規格です。ケース内の温度を容易に下げることによりCPUファンの冷却効率が上がり、騒音も低く抑えることができます。

今回発表しました『B300A-250BKF』は、5inchベイを1つ、3.5inchベイを1つ、シャドウ3.5inchベイを1つ搭載しました。電源はBXT規格の250W。24Pinコネクターを採用しています。前面パネルにはUSB2.0端子を4つ、Sound IN/OUT端子、IEEE1394端子を1つ搭載しています。

本機は横置きのほか、縦置きで設置することも可能です。

小売希望価格はオープンプライスで、2月下旬から販売を開始します。

さらに製品についての詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。
 
・本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
・仕様は予告無く変更される場合があります。
・発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ