ニュースリリース


2004年3月4日
<報道関係者各位>

ATAPI接続の内蔵型DVD±R/RW DL対応DUW1608/ARR」を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、AOpen光ディスク書き込み型DVDドライブ製品で最高速となるATAPI接続の内蔵ファイルベイ用DVD±R/RW「DUW1608/ARR」を発表いたしました。


   

  新製品「DUW1608/ARR」は、AOpen製ドライブユニットを採用、DVD+R 16倍速、DVD-R 8倍速、DVD±RW 4倍速、CD-R 48倍速、CD-RW 32倍速と各メディアで高速書き込み、DVD-ROM16倍速、CD-ROM 48倍速の読み込みに対応しております。1枚のDVD+Rメディア(4.7GB)なら、ただ5分50秒で書き込みができ、オリジナルDVD作成やデータバックアップが短時間で行なえます。安定した書き込みや静音性の向上、お求め安い低価格でご提供いたします。

    添付のソフトウェアは、購入後すぐに快適なDVD/CD編集が楽しめるよう、CD/DVDライティングソフト『nero Burning ROM』と『nero Express』、DVカメラ/キャプチャーカードでの取り込みからムービー編集、DVDビデオ編集、書き込みまですべてをサポートしたDVDオーサリングソフト『neroVision Express 2』、パケットライティングソフト『InCD4』、スケジュールバックアップソフト『nero BackItUp』、仮想CD/DVDドライブソフト『nero Image Drive』、CD/DVDドライブ関連ツール集『nero ToolKit』など、CD/DVDに関連する様々なソフトウェアを多数揃えた統合アプリケーション『Nero 6 suite』及びDVD-Video再生ソフト「CyberLink-PowerDVD」を付属しております。高速性能、多彩なソフトウェア添付ながら、価格重視の方にもご満足いただける新製品です

  メ−カ−小売希望価格:8,500円、発売開始:3月中旬予定 

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

商品情報: http://aopen.jp/products/optical/dvdrw/duw1608arr.html

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ