ニュースリリース


2006年1月13日
<報道関係者各位>

キューブモデル最大容量375W電源搭載XC Cube EU482を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、キューブモデル最大容量375W電源搭載XC Cube EU482ベアキューブを発表します。


XC Cube EU482はソケット939ピン AMD Athlon64 Dual Core X2,Athlon FX, Sempron CPUに対応しました。チップセットにATI RADEON RS482(ノース)とSB450(サウス)を搭載し、DirectX 9.0およびShader Model 2.0に対応しています。さらに、SurroundView機能も搭載しており、ATIチップ搭載のグラフィックボードを増設すれば、2画面、最大3画面出力までサポートできます。また、CPUファンに大型8cm銅製クーラーを採用しています。ヒートパイプ6本を搭載し、CPUからの発熱が筒状の銅製ヒートパイプを伝わり、効率よく銅製のヒートシンク全体で放熱するようになっています。

出力は、ハイビジョンTV(HDTV)出力専用端子-D4を標準装備するほか、最大7chまで対応するHigh Definition Audio(HD Audio)もサポートし、32bit/192kHzまで対応しますので、映画やコンサートビデオを大画面テレビで、高画質で迫力のある映像でDVD・ゲーム等をお楽しみいただけます。メモリは最大2Gb搭載可能です。拡張性を高めるために PCI-EXPRESS (16X) x1スロットおよびPCI x1スロットを搭載しています。USB2.0, IEEE1394, ギガビットLANなど豊富なオンボードデバイスを備えています。

また、電源にはキューブモデル業界最大容量375W電源を採用しています。高クロックのCPUと高性能グラフィックカードを装着しても安定して動作するようにキューブを保証します。


    


小売希望価格はオープンプライスで、1月下旬からAOpen製品販売を開始します。

商品情報: http://aopen.jp/products/baresystem/eu482.html

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ