ニュースリリース


2005年11月30日
<報道関係者各位>

Intel® プロセッサ搭載可能な世界最小のMini PC 「MP915-B」 12月1日発売開始

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、intel® プロセッサを搭載可能な超小型PC 「Mini PC」シリーズを発表しました。


Mini PCシリーズ「MP915-B」は小型化が進むパソコンのトレンドを先駆けた世界最小のWintelベアシステムです。Intel® モバイルテクノロジーを採用し、Microsoft® Windows XPが動作可能となっています。AOpenはノートパソコンからデスクトップのマザーボード、ケース、アクセサリなど幅広い製品を開発しているため、各ジャンルの特徴を活かしながらボーダーを飛び越えた製品開発が可能です。その結果、Mini PCシリーズ 「MB915-B」のようにntel® モバイルテクノロジーを採用し、Microsoft® Windows XPが動作可能な世界最小のAOpen製パソコンの開発に成功しました。

    


また、開発にあたってはUltra Small、Ultra Quiet、Ultra Simpleを合言葉に小型なボディ、高い静音性、シンプルなデザインを目指し、今までの技術ノウハウを生かしとことんこだわりました。筐体サイズは、幅165mm x 奥行き165mm x 高さ55mmとなっており、低消費電力、低発熱、小型化の三拍子で日本の生活空間に最適なプラットフォームです。

MP915-Bは、ソケット479 Intel(R) Pentium Mプロセッサ(Dothan)FSB533 1.73GHzまでサポートしています。また、メモリはDDR2 SO-DIMM (533/400) に対応し、最大1GBまで拡張可能。そして、miniPCIスロット x1、ギガビットLAN x1、USB2.0 x2、IEEE1394 x1を標準搭載しています。出力は、DVI x 1とTV-Out(S端子)搭載し、付属のコンポーネントケーブルによりHDTV 出力にもサポートします。電源にはケース内部の発熱およびスペースを考慮した結果、65WのACアダプタを採用しました。


小売希望価格はオープンプライスで、12月1日より販売を開始します。
製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■miniPC MP915-B製品ページ
http://aopen.jp/products/baresystem/mp915-b.html
本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ