ニュースリリース


2005年10月18日
<報道関係者各位>

Cube MiniことXC Cube MZ915-Mを発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、インテルモバイルCPU Pentium Mプロセッサ(FSB533)を搭載可能なXC Cube MZ915-Mを発表します。


XC Cube MZ915-MはPentium Mプロセッサの特徴を利用したXC CubeMZシリーズ第二弾のモデルです。Pentium Mプロセッサは小型で静音なパソコンに最適なソリュー ションです。XC Cube MZ915-Mは、低消費電力、低発熱、小型化など日本の生活 空間に最適なプラットフォームです。


XC Cube MZ915-Mは、前モデルのXC Cube MZ855-IIとは異なり、PCI-Express 16X スロット、HD Audio 7.1チャンネルサポート、DDR2 533/400メモリ対応デュアル チャンネルサポート、SATA x4搭載などの高い拡張性で、テレビの横のAVパソコ ンやホームサーバー、2台目の小型&静音マシンといった様々な用途にご利用いただけます。

ソケット479 Intel(R) Pentium Mプロセッサ(Dothan)、DDR2 SD-RAM (533/400) に対応。その他、PCI-Express (16X)スロット、 PCIスロット、ギガビットLAN、 光デジタルサウンドシステム、USB2.0、IEEE1394を搭載し、HDTV 出力専用のD端子も標準搭載しています。また、CPUクーラーはPentium Mプロセッサ専用のサイ ドファンクーラーが付属します。電源にはケース内部の発熱およびスペースを考慮した結果、150WのACアダプタを採用しました。


CPUの使用率が100%でもノイズレベルが最大27デシベルとデスクトップCPUでは不可能な超静音マシンが自作できます。



小売希望価格はオープンプライスで、10月下旬からAOpen製品販売を開始します。
製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■XC Cube MZ915-M
http://aopen.jp/products/baresystem/mz915-m.html

 

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ