ニュースリリース


2005年5月10日
<報道関係者各位>

NVIDIA GeForce 6600GTチップ搭載、PCI-EXPRESS 16X対応
 デュアルDVI対応、高品質設計8層基板採用、ファン回転数自動制御

日本限定商品『Aeolus PCX6600GT-DVD128』を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、nVIDIA社DirectX 9完全対応のグラフィックスプロセッサGeForce 6600GTを搭載したグラフィックアクセラレータの新製品「Aeolus PCX6600GT-DVD128」を発表しました。

 


        

 新製品「Aeolus PCX6600GT-DVD128」は、PCI-EXPRESS 16X対応し、高いパフォーマンスを実現するnVIDIA社のGPU GeForce 6600GT GPUを搭載し、DirectX 9.0c、Shader Model 3.0、OpenGL 1.5をサポートします。コアクロックは500MHz、メモリはDDR3 (1.6ns)128MB搭載でクロックは1000MHz、バス幅128bit メモリインタフェースを採用しております。また、400MHz RAMDAC搭載により最大解像度はアナログ2,048×1,536ドット、デジタル1,600×1,200ドット となっております。出力は、TV-Out(HDTV)とDVI-I2系統搭載で、同梱したDVI→D-Sub変換コネクタを利用すれば、デュアルアナログ出力も利用可能となります。対応OSはWindows 2000/XPです。

 更に、NVIDIA® SLITMマルチGPUテクノロジーに対応し、同じカードを2枚使用した場合、単一のGPUを実装した場合と比べて、最大2倍までスケールアップさせることができます。そして、高精細度HDTV出力にも対応し、HDTV出力最大解像度1,920×1,080となっております。

AOpenならではのオリジナル機能

     高品質設計8層基板採用

  「Aeolus PCX6600GT-DVD128」は、リファレンスの6層基(PCBボード)より2層分多層化しました。8層にすることにより、そのメリットとは、信号の品質を格段に高めることが可能になりました。これによりノイズを極力排除し、電力供給を安定させ、よりパワフルな性能と安定した動作を実現しました。

     大型銅製ヒートシンク採用した70mmファン搭載で、駆動最静音時20dBまで低減

 AOpenオリジナル機能【Silentテクノロジー】とは、GPUの発熱を検知し、最適なファン回転数を8段階の速度から自動的に選び、実行させるための機能です。さらに、AOpenオリジナル直径70mm大型静音ファンと銅製ヒートシンクを採用し、静音化とより安定した冷却効果を提供します。2Dモードの際は、最静音時20dBを実現し、静音環境作りには最適です。

    D端子・コンポーネント端子をビルトイン

 大画面プラズマテレビやフラットパネルテレビなどに接続するときに便利なD端子およびコンポーネント端子を引き出せるブラケットが標準スペックでビルトイン。バイビジョンテレビ最大解像度1,920×1,080対応し、大画面TVで映画やゲームを臨場感あふれる映像で楽しむことができ、ホームシアター環境に最適なグラフィックスカードです。

 

メ−カ−小売希望価格:オープンプライス、発売開始:5月下旬予定 

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

商品情報: http://aopen.jp/products/vga/pcx6600gt-dvd128.html

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ