ニュースリリース


2006年3月27日
<報道関係者各位>

「Tower Cube」ことXC Cube TZ661-IIを発売

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、LGA775ソケットPentium4プロセッサ/Celeron Dプロセッサ対応のXC Cube TZ661-IIを発売しました。


拡張性に定評のあった、タワーキューブモデルの新作登場です!今までのキューブ型ベアシステムは静音性と斬新なデザインを追及していました。しかし、タワーキューブはそこにさらに拡張性を加えた新しいセグメントのキューブベアシステムです。コストパフォーマンス重視のXC Cube TZ661-II はLGA775ソケットに対応したハイパフォーマンスXC Cubeです。ソケットLGA775対応によりPentium4プロセッサ / CeleronDプロセッサおよび最新のPentium 4 600シリーズもサポートしています。高さ30cm、幅20cm、奥行き32cmの小型ケースにPentium4プロセッサのハイパフォーマンスを収めました。筐体底面にマザーボードが固定されているので、筐体内のスペースにもかなりの余裕。省スペース重視、でも拡張性もほしいというコアユーザーに最適です。

XC Cube TZ661-II はSiS661FX / 964チップ搭載、AGP 8xスロットx1、PCI スロットx1搭載により、拡張性の高い仕様になっています。USB2.0 x4ポート、IEEE1394端子、S/P DIF光入出力端子など必要以上のスペックを搭載し、さらに高速ハードディスクを接続できるシリアルATAが2ポート搭載しています。電源には275ワットの大容量電源を採用することにより、高クロックのCPUと高性能グラフィックカードを装着しても安定して動作することができます。



小売希望価格はオープンプライスで、3月下旬からAOpen製品販売を開始します。

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ