ニュースリリース


2005年4月5日
<報道関係者各位>

「Tower Cube」ことXC Cube TZ915を発表

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:埼玉県川口市)は、LGA775ソケットPentium4プロセッサ/Celeronプロセッサ対応のXC Cube TZ915を発表しました。


今までのキューブ型ベアシステムは静音性と斬新なデザインを追及していました。しかし、Tower Cubeはそこにさらに拡張性を加えた新しいセグメントのキューブベアシステムです。デザインを重視してケースにキューブで使用している実績のある高品質マザーボードを搭載しています。intel グランツデールテクノロジー搭載のXC Cube TZ915はLGA775ソケットに対応したハイパフォーマンスXC Cubeです。ソケットLGA775対応によりPentium4プロセッサ / Celeronプロセッサおよび最新のPentium 4 600シリーズもサポートしています。世界初の拡張性あふれるタワー型のキューブベアシステムとしてあらゆる面において技術革新を達成しました。高さ30cm、幅20cm、奥行き32cmの小型ケースにPentium4プロセッサのハイパフォーマンスを収めました。

XC Cube TZ915は最新のテクノロジーを搭載しています。ノースブリッジにはintel 915Gチップ搭載、PCI ExpressをサポートするためにサウスブリッジにはICH6と搭載しています。PCI Express x16スロット、PCI ExpressギガビットLAN、シリアルATAが4ポート、PCIスロットなど拡張性の高いマザーボードを採用しています。Hyper Threading対応のPentium4プロセッサを効率よく放熱するために銅製ヒートパイプを採用し、ケースの外部に熱風を放熱するためにCPUダクトが付いています。電源には275ワットの大容量電源を採用しています。高クロックのCPUと高性能グラフィックカードを装着しても安定して動作するようにキューブでは業界最大容量の275ワットを搭載しました。



小売希望価格はオープンプライスで、4月下旬からAOpen製品販売を開始します。

製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ