ニュースリリース


2007年9月18日
<報道関係者各位>

スリムケースに近いコンパクトサイズ、なおかつ300W電源搭載のミニタワーケース「MJ-16 Seriesが発売に

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:葉一徳、本社:東京都 千代田区)は、スリムケースに近いコンパクトサイズのミニタワーケース『MJ-16 』を発表いたします。


「MJ-16 」は幅140mm,奥行き370mmというコンパクトサイズの筐体でありながら内部にMicro ATX マザーボード対応できるスタンダードケースです。内部に5インチベイ2台と3.5インチシャドウベイ2台装着可能な高拡張性、電源は300W(ATX12V Active PFC準拠)を標準搭載し、スタイリッシュなフロントデザインと手を切らないエッジ折り曲げ加工により、安全に組立てと取り付けができます。筐体色のバリエーションはホワイトとブラック 2モデルがございます。



利用可能なドライブベイは5.25インチベイ2基、3.5インチベイ1基、3.5インチシャドウベイ2基、拡張スロット4基搭載可能です。また、フロントパネルにUSB2.0 x 2/ オーディオ出力端子、マイク入力端子は標準装備になります。本体サイズは140mm(幅)x370mm(奥行き) x330mm(高さ)。重さは4.8Kg。 300W +12V 2系統出力 LGA775-ATX2.0対応の電源ユニット標準搭載です。


「MJ-16 Series」は9月下旬から出荷開始を予定しており、AOpen製品取扱店より順次発売を開始する予定です。希望売価はオープンです。
製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■MJ-16シリーズの製品ページはこちらから

 

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ