ニュースリリース


2008年10月31日
<報道関係者各位>

Atom搭載マザーボードを採用するCubeベアボーン第2弾「XC Cube LE211」

エーオープンジャパン株式会社(代表取締役:蔡温喜、本社:東京都 千代田区)は、Atomマザーボード搭載のCube型ベアシステム『XC Cube LE211 』を発表いたします。


今年8月に発表された「XC Cube LE200 」の後継機種です。搭載CPUが「Atom230」から「Atom330」に変更だけではなく、マザーボードごとに自社製になり、AOpenならではの拡張性を持っています。

「XC CubeLE211 」は幅200mm,高さ106mmという筐体でありながら内部に Atom 330 (1.6GHz)オンボードの Mini-ITX マザーボード搭載のCube型ベアシステムです。チップセットはIntel 945GCで、メモリーは最大2GBまで(1スロット分)拡張可能です。コストパフォーマンスを重視し、省電力性にもこだわっております。さらに、システムの静音t性を重要視され、電源には90W ACアダプタ電源を採用しております。

 

「XC Cube LE211」は剛性が高いスチール筐体(SECC=1.0mm)を採用し、スリム光学ドライブ1基、3.5インチ シャドーベイ2基が使用可能で内部空間をムダのないデザインと手を切らないエッジ折り曲げ加工により、安全に組立てと取り付けができます。また、底部のシャドーベイを90°回転させることで、3.5インチのオープンベイとして使えることができます。また、マザーボード上にPCI Express MIni Cardスロットを1基、LowProfileタイプのPCI Express x1 を1基拡張可能のため、多様 なインターフェースを拡張することができます。


フロントパネルの側面にUSB2.0 x 2/ オーディオ出力端子、マイク入力端子が標準装備になります。モニター出力はD-Sub(15PIN)です。)本体サイズは200mm(幅)x321mm(奥行き) x106mm(高さ)。重さは約 3.2Kg。



「LE211」は11月上旬から出荷開始を予定しており、AOpen製品取扱店より順次発売を開始する予定です。希望売価はオープンです。
製品のさらに詳しい情報は、AOpen Webサイトの製品情報ページをご参照ください。

■XC Cube LE211の製品ページはこちらから

 

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。
発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。 


<ニュースリリースのトップへ戻る>

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ