miniPC MP915-B 簡易組み立てガイド

 

※注意!  組み立ての際にはACアダプタは取り外し、静電気に十分注意して組み立てを行っていただきますようお願いいたします。また、製造ロットによってガイドと異なることがあります。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

1.カバーの取り外し方法

@ネジを取り外す


Aカバーを取り外す

 上左写真のように手をかけ、右写真のように親指を使い矢印の方向に本体部分をずらします。5mmほど隙間があくとカバーをはずすことができます。
注意!!  内部でカバーと本体は2本のケーブルで接続されています。勢いよく取り外しますとそれらのケーブルが断線する可能性がございます。

Bスピーカーケーブルとスイッチケーブルの取り外し

 上写真の白枠内のコネクタを取り外すと、カバーと本体を分離することができます。

2.CPUの取り付け

 @ CPU FANを取り外す

 上写真の白枠内のCPU FANコネクタを抜きます。その後赤丸内のねじを数字の順番に緩めると、CPU FANを取り外すことができます。
 実際のCPU FANには数字は書かれておりません。

A CPU固定ネジの説明

 固定ネジの突起(上写真の黒丸内)の向きによって、CPUの固定・開放ができます。写真右黒枠内の図が開放、左黒枠内の図が固定を表しています。 固定ネジの突起が開放側に向いていれば、CPUの着脱が可能になります。固定側に向いていればCPUの固定ができます。また、固定ネジは赤矢印の向きに180度しか回転しません。 マイナスドライバーの差込口がCPUと平行になるようにしないと、完全な固定・開放ができませんので、ご注意ください。

 B CPUを装着する

 ソケットに書かれている三角(上写真の黒三角(実際には黒い縁取りはされていません))とCPUの金色の三角(赤枠内)の向きを合わせて装着します。 マイナスドライバーでCPU固定ねじを固定の位置まで回して、CPUを固定します。
 その後、CPUのコアとMCH(ノースブリッジ)のコアの部分にシリコングリスを塗り、CPU FANを装着します。CPU FANのネジは回らなくなるまでまわします。 また、CPU FANのコネクタは忘れずに接続してください。

3.メモリ・miniPCIの取り付け

@メモリの取り付け

 メモリスロットにある白い出っ張りとメモリの切りかきをあわせて斜めに差し込みます。メモリの金属端子がほとんど見えなくなるまで差し込みます。 その後、メモリを押し込みます。正常に押し込まれた場合は、「カチッ」と音がします。メモリスロットについている爪がメモリに引っかかっていることを確認します。

AminiPCIカードの取り付け

 miniPCスロットにある白い出っ張りとminiPCIカードの切りかきをあわせて斜めに差し込みます。
 miniPCIカードの金属端子がほとんど見えなくなるまで差し込みます。その後、miniPCIカードを押し込みます。
 正常に押し込まれた場合は、「カチッ」と音がします。miniPCIスロットについている金属の爪がminiPCIカードに引っかかっていることを確認します。

 ・無線LAN miniPCIカードを使用される場合
注意!! 本製品には無線LAN用アンテナ線はございません。
 オプション品の「無線LANアンテナ」(発売予定)を装着する必要がございます。


4.HDDの取り付け

 @カバーからスイッチを取り外す

上写真の丸内の2箇所のネジを取り外すと、スイッチを取り外すことができます。

 AHDD/光学ドライブマウンタを取り外す

 上左写真の丸印内のネジを取り外します。その後、マウンタを垂直に持ち上げるとカバーからマウンタを取り外すことができます。

 BHDDの取り付け

 上写真のようにハードディスクをネジで固定します。(計4箇所)

CIDE CARDの取り付け

 上左写真のようにIDE Cardを装着します。次に、上右写真の白丸内をネジで固定します。
 その後、マウンタをカバーに戻してネジで固定し、取り外したスイッチを再装着します。
 注意! IDE Cardの端子部分には茶色の保護テープが貼られています。本体に装着する前に必ずはがしてください。

Dカバーを本体に装着する。
 内部スピーカーケーブル、スイッチケーブルをそれぞれのコネクタに接続します。そしてカバーを本体にかぶせ、垂直に押し込みます。 (本体の小さな爪がカバー内部に入るようにしてください)その後、底面4箇所の部分をネジで固定すれば、組み立て終了となります。

注意!! スイッチケーブルとCPU FANケーブルが本体とカバーの隙間に入らないようにしてください。