SitemapGlobal Site
製品情報サポート会社情報
ダウンロード | よくあるお問い合わせ |
AX4T BIOSダウンロード

種類 バージョン サイズ 公開日  
BIOS R1.09 206KB 2002/01/16 Download
  • Checksum: 1461h
  • このBIOSはWindowsXP専用です。他のOSをご使用の際にはこのBIOSを使用しないでください。
  • WindowsXPを使用した際、終了できない問題を解決しました。(この症状は一部ロットのみです。正常に終了できるかたはR1.07でお使いください。)
  • 起動ディスクより起動し、コマンド入力待ちになったら「flash810 a4t109xp.bin /qi」と入力し「Enter」を押してください。(.binや/qiを必ずつけてください)
  • Do You Want To Save Bios (Y/N)という問いがございます。これは今までのBIOSを保存するかどうかという問いです。通常は"N"で結構です。"Y"をお選びになる際は一時的に空のFDに入れ替えてください。
  •  "The program file's part number does not match your system"という警告メッセージが出ますが、「y」を押して先に進んでください。
  • 書き換えが終わりますとFlashing Complete Remove Floppy Diskette & Hit<F1> to Continueというメッセージが出ますので、"F1"キーを押して再起動してください。
BIOS R1.07 173KB 2001/09/05 Download
  • Checksum 74D2h
  • WindowsXPをインストールする際の問題を解決するために、 IO APIC (Advanced Programmable Interrupt Controller)を調整しました。
BIOS R1.05 167KB 2001/08/13 Download
  • Checksum: 1F8Ch
  • SiS 6326 AGPカード におけるIRQルーティングの間違い問題を修正した。
BIOS R1.04 174KB 2001/06/08 Download
  • Checksum: 8556h
  • パスワード失敗の問題について修正します。
BIOS R1.02 167KB 2001/05/03 Download
  • Checksum: 1220h
  • 'AC Power Auto-Recovery'機能をアップデートします。

AX4T専用 BIOS更新手順

R1.07を例にあげて説明します。

  1. 起動ディスクにダウンロード・解凍したファイルFLASH795.exeとax4t107.binをコピーします。
  2. 起動ディスクから起動してコマンド入力待ちになりましたら”FLASH795”と入力しエンターを押します。
  3. フラッシュユーティリティが起動したらファイル名の入力待ちになりますので"AX4T107.BIN"と入力しエンターします。
  4. 既存のBIOSを保存しておくかどうか尋ねてきますが、保存するなら「y」を、保存しないなら「n」を入力しエンターします。
  5. 書き換えを行うかどうかを尋ねてきますので「y」を入力しエンターします。
  6. 書き換え中はリセットやシャットダウンしないでください。書き換えが終わりましたら再起動してください。
  7. 書き換え後、最初にDELキーでBIOS設定画面に入り「Load Setup Default」を行ってください。

※ドライバはダウンロードセンターからダウンロードしてください。

※ダウンロードの際、Japan,Taiwan,USA...などの選択が求められます。これはダウンロードサーバーを選択するだけで、どのサーバーからダウンロードしても同じファイルがダウンロードされます。

■技術情報

ダウンロード

よくあるお問い合わせ(FAQ)

各種対応表・動作確認リスト

AOpen製品保証規定

RMA修理サービス

サイト内検索
 
BIOS関連FAQ

BIOSの更新・設定に関するトラブル

BIOSが起動しない、画面が出ないトラブル

解説!BIOS更新手順

プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ