BIOS設定マニュアル

ご参照になられたい項目にマウスカーソルを合わせクリックしてください。

Phoenix - Award BIOS CMOS Setup Utility
Frequency/Voltage Control

CPU Frequency detected
CPU Bus Frequency
AGP Bus Frequency
PCI Bus Frequency
DDR Bus Frequency
Clock Spread Spectrum

CPU Voltage Default
CPU Voltage Setting
AGP Voltage Setting
DDR Voltage Setting

200 x 15.00 =  3.00 GHz
200
x 15.00 =  3.00 GHz
200 /  03.00 = 66.67 MHz
200 /  06.00 = 33.33 MHz
200 /   Auto = DDR400
OFF

1.55V
1.50V
1.50V
2.60V


 

*機種によって設定できる項目は異なります。FSBの変更や、電圧の変更は機種によっては行なえません。

○操作方法

  • [←][→][↑][↓]キーで項目を選択します。
  • 黄色字のところが選択可能項目です。各項目にカーソルを合わせ、[Enter]キーを押すと詳細画面に移ります。
  • [+][-][PageUp][PageDown]キーで選択した項目の値を変更します。
  • [F10]キーを押すと設定を保存して再起動するか尋ねてきます。[Y]キーで保存・再起動、[N]キーで設定画面を続行します。
  • [F6]キーを押すとこのページの初期設定値を呼び出します。
  • "Enabled"は「オン(有効)」を表し、"Disabled"は「オフ(無効)」を表します。

CPU Frequency detected

現在のCPU速度が表示されます。選択・変更はここでは行なえません。

CPU Bus Frequency

CPUクロック速度を指定します。通常は初期設定のまま使用します。
*オーバークロックは自己責任のもと行なっていただきますようお願い致します。

AGP Bus Frequency

AGPバスの周波数を設定します。通常は設定変更する必要はありません。

PCI Bus Frequency

PCIバスの周波数を設定します。通常は設定変更する必要はありません。

DDR Bus Frequency

メモリの周波数を設定します。

Clock Spread Spectrum

この項目はEMIテスト用にクロックスプレッドスペクトルを設定するものです。通常、このデフォルト設定の変更は不要です。

CPU Voltage Default

CPUの電圧を表示します。

CPU Voltage Setting

CPUの電圧を設定します。

AGP Voltage Setting

AGPの電圧を設定します。

DDR Voltage Setting

DDRの電圧を設定します。

<BIOS設定へ戻る>

<よくあるお問い合わせのトップへ戻る>

Last Update 2006/08/25