BIOS設定マニュアル

ご参照になられたい項目にマウスカーソルを合わせクリックしてください。

Phoenix - Award BIOS CMOS Setup Utility
Standard CMOS Features

 Date (dd:mm:yy)
 Time (hh:mm:ss)


>IDE Primary Master
>IDE Primary Slave
>IDE Secondary Master
>IDE Secondary Slave


 Drive A
 Drive B


 Video
 Halt On


 Base Memory
 Extended Memory
 Total Memory

Wed, Jan  1 2003
   1      1 :     1

Maxtor xxx-xxx

None
AOpen CRW5224
None

1.44M, 3.5 in
None

EGA / VGA
All Errors


       
640K
  523264K
  524288K

 

○操作方法

  • [←][→][↑][↓]キーで項目を選択します。
  • 黄色字のところが選択可能項目です。各項目にカーソルを合わせ、[Enter]キーを押すと詳細画面に移ります。
  • [+][-][PageUp][PageDown]キーで選択した項目の値を変更します。
  • [F10]キーを押すと設定を保存して再起動するか尋ねてきます。[Y]キーで保存・再起動、[N]キーで設定画面を続行します。
  • [F6]キーを押すとこのページの初期設定値を呼び出します。

Date (dd:mm:yy) /  Time (hh:mm:ss)

日付や時間を設定します。日付や時間を設定しないと、Windowsアップデートがうまくいかなかったり、Eメールに誤まった日付が反映されてしまったりいたしますので、出来るだけ正確に設定しましょう。

IDE Primary ( Secondary ) Master ( Slave )

認識されたハードディスクやCD-ROMなどのファームウェアを表示します。Enterを押すことで詳細設定画面が表示されます。通常は設定変更する必要はございません。

Drive A / Drive B

フロッピードライブのタイプを指定します。このマザーボードのサポートしている規格およびタイプは下表の通りです。一般的には1.44MB,3.5inが使用されます。Drive Bはフロッピードライブを2台接続する際に設定します。

None
360KB, 5.25 in
1.2MB, 5.25 in
720KB, 3.5 in
1.44MB, 3.5 in
2.88MB, 3.5 in

Video

使用するビデオカードのタイプを指定します。デフォルトの設定値はEGA/VGAとなっています。最近のPCではVGAのみが使われている事から、この選択画面はほとんど無意味になりつつあります。通常変更する必要はございません。

EGA/VGA
CGA 40
CGA 80
Mono

Halt On

POST(電源投入時の自動診断)でエラーの検出された場合に、どんな条件でシステム停止にするかを決める事ができます。

No Errors
All Errors
All, But Keyboard
All, But Diskette
All, But Disk/Key

Base Memory /  Extended Memory / Total Memory

認識されたメモリの容量を表示します。選択・変更は出来ません。

<BIOS設定へ戻る>

<よくあるお問い合わせのトップへ戻る>

Last Update 2006/08/25