フロントオーディオ・USB・IEEE1394・フロントパネルピンヘッダ接続ガイド

フロントオーディオ・USB・IEEE1394・フロントパネルピンヘッダ接続ガイド
Q1:フロントオーディオ

表記法について規格化なされていないため、各社表記が異なる場合があります。下表を参考に接続してみましょう。

※色分けはAOpen製ケースに搭載されているフロントオーディオユニットの配線カラーになります。

ピン 表記 役割 その他表記例
1 AUD-MIC マイク信号。 MIC-IN
2 AUD-GND グランド。 EAR-GND
3 AUD-MIC-BIAS マイクへ電圧を与える。 MIC-POWER
※MIC-GNDが該当する例もある。
4 AUD-VCC フロントオーディオユニットへの電力供給。 VCC
5 AUD_FPOUT_R オーディオラインR。 LINE_R
6 AUD_RET_R Rのリターナブル配線。背面端子へR音声を送る。 RETURN_R
7 NC 接続該当なし。 -
8 - 逆挿し防止のキー。 -
9 AUD_FPOUT_L オーディオラインL。 LINE_L
10 AUD_RET_L Lのリターナブル配線。背面端子へL音声を送る。 RETURN_L
Q2:USB

表記法について規格化なされていないため、各社表記が異なる場合があります。下表を参考に接続してみましょう。

※色分けはAOpen製ケースに搭載されているフロントUSBユニットの配線カラーになります。
※「SBD2-」などの数字はUSBポートを順番に番号を振っているだけですので深い意味はありません。
※「+5V/SBD2-/SBD2+/GND」で1ポート、「+5V/SBD3-/SBD3+/GND」で1ポートを構成します。

ピン 表記 役割 その他表記例
1 +5V 電力供給 VCC
2 +5V 電力供給 VCC
3 SBD2- マイナスライン DATA-
4 SBD3- マイナスライン DATA-
5 SBD2+ プラスライン DATA+
6 SBD3+ プラスライン DATA+
7 GND グランド GROUND
8 GND グランド GROUND
9 - 逆挿し防止のキー -
10 NC 接続しない SHIELDが該当する例もある
Q3:IEEE1394

表記法について規格化なされていないため、各社表記が異なる場合があります。下表を参考に接続してみましょう。

※色分けはAOpen製ケースに搭載されているフロントIEEE1394ユニットの配線カラーになります。

ピン 表記 役割 その他表記例
1 TPA+ +ライン ほぼ同表記
2 TPA- -ライン ほぼ同表記
3 GND グランド GROUND
4 GND グランド GROUND
5 TPB+ +ライン ほぼ同表記
6 TPB- -ライン ほぼ同表記
7 1394_PWR 電力供給 CABLE POWER
8 1394_PWR 電力供給 CABLE POWER
9 - 逆挿し防止のキー -
10 Shielding GND シールドグランド GROUND
Q4:フロントパネル

表記法について規格化なされていないため、各社表記が異なる場合があります。下表を参考に接続してみましょう。

※色分けはAOpenマザーボードのEzColorに準拠しております。

ピン 表記 役割 その他表記例 / 備考
1 NC 接続しません -
2 Power Switch 電源スイッチ用ライン Power SW / SPWR
3 NC 接続しません -
4 GND グランド / 電源スイッチ用ライン 2-4番ピンに電源スイッチを接続
5 HDD LED+ ハードディスクLED+ライン IDE LED
6 Power LED- パワーLED-ライン ACPI LED
7 HDD LED- ハードディスクLED-ライン IDE LED 
5-7番ピンにハードディスクLEDを接続※1
8 GND グランド 通常配線されません
9 HDD LED- ハードディスクLED-ライン IDE LED
10 Power LED+ パワーLED+ライン ACPI LED
7-10番ピンにパワーLEDを接続
11 HDD LED+ ハードディスクLED+ライン IDE LED
9-11番ピンにハードディスクLEDを接続※1
12 NC 接続しません -
13 Speaker+ ケーススピーカー+ライン ほぼ同表記
14 Power LED- パワーLED-ライン ACPI BLUE
高輝度タイプのブルーLEDの場合は
10-14番ピンに接続します。※2
15 GND グランド 通常配線されません
16 GND グランド 通常配線されません
17 NC 接続しません 通常配線されません
18 RESET リセットスイッチ ほぼ同表記
19 Speaker- ケーススピーカー-ライン 13-19番ピンにケースピーカーを接続
20 GND グランド 18-20番ピンにリセットスイッチを接続

※1 ハードディスクLEDは、5-7番/9-11番の2系統ありますが、どちらも同じ動作を致します。ハードディスクLEDを一つだけ接続する場合は通常5-7番ピンに接続してください。

※2 高輝度ブルーLED用のラインは全てのマザーボードに搭載しているものではありません。高輝度ブルーLED用のラインが搭載されていない場合は7-10番に接続してください。なお、845系マザーボードで高輝度ブルーLED用のラインが搭載されていない機種、並びにMX4SGI-4DLでは高輝度ブルーLEDに対応出来ない場合があります。

+(プラス) / -(マイナス) の判断方法

1, △印

LEDケーブル端子の先端

 

2, ケーブルの色

△印がついていない場合、色が判断基準になります。通常色があるほうが+(プラス)になります。例えば上の写真のように、オレンジと白、緑と白であればオレンジ・緑がそれぞれプラスになります。赤と黒であれば赤、黒と白であれば黒がプラスになるのが一般的です。

※何れの場合も規格で定めされているものではないため必ずしもこの限りではありません。何れの方法でもLEDが点灯しない場合はプラスとマイナスを逆にしてみましょう。

 

<よくあるお問い合わせのトップへ戻る>

Last Update 2006/08/25