メモリについてよくあるお問合せ・トラブル

メモリについてよくあるお問合せ・トラブル
  1. デュアルチャネルメモリの取り付け・確認方法
Q1 デュアルチャネルメモリの取り付け・確認方法

AOpenのマザーボードでは以下のマザーボードにデュアルチャネルメモリの機能を搭載しています。

Intel i865 / i875のチップセットを搭載したマザーボード(AX4C Max/AX4SGシリーズ/AX4SPEシリーズ等)
同一のメモリを偶数の組み合わせで用意する
DIMM1番とDIMM3番、DIMM2番とDIMM4番の組み合わせでメモリスロットに接続する
Intel E7205チップセットを搭載したマザーボード(AX4R Plus)
同一のメモリを偶数の組み合わせで用意する
DIMM1番とDIMM2番、DIMM3番とDIMM4番の組み合わせでメモリスロットに接続する
SiS 655チップセットを搭載したマザーボード(AX45-4D Max/AX45-4D Max Lite)
同一のメモリを偶数の組み合わせで用意する
DIMM1とDIMM2がチャンネルA、DIMM3とDIMM4がチャンネルBとなり、チャンネルAとBの組み合わせで装着します。例えば、2枚で構成する場合、DIMM1と3、あるいはDIMM1と4、DIMM2と3、DIMM2と4といった具合です。
nForceチップセットを搭載したマザーボード(AK79Gシリーズ/AK79Dシリーズ等)
同一のメモリを2枚用意する
DIMM1とDIMM3、あるいはDIMM2とDIMM3の組み合わせでメモリスロットに接続する。

上記の条件が全てそろった時にデュアルチャネルモードで動作します。正しく動作している場合には、電源投入時のPOST画面上に「Dual Channel Enabled」と表示されます。(SiS655のマザーボードでは表示されません)

画面はAX4C MaxIIのものです。
CPUは3.0GHz,メモリはDDR400を2枚使用しております。デュアルチャネルモードで動作した時は画面のように「Dual Channel Mode Enabled」と表示されます。

 

<よくあるお問い合わせのトップへ戻る>

Last Update 2006/08/25