Promise Serial ATA / ATA133 ドライバ for Windows2000/XP インストールガイド

Serial ATA / ATA133ドライバ for Windows2000/XP インストールガイドメニュー
  1. 起動ドライブとして使用する場合
  2. 起動ドライブとして使用しない場合
  3. 関連BIOS設定項目について

 I, 起動ドライブとして使用する場合 

  1. Windows2000/XPのインストールCDを挿入し、CD起動にてコンピュータを起動させてください。

  2. インストール画面の下方に「Press F6 if you need to install a third party SCSI or RAID driver...」と表示されたら、「F6」キーを押してください。

  3. 下図のように表示されたら「S」を押してください。

  4. 下図のように表示されたら添付のドライバフロッピーディスクを挿入し「ENTER」キーを押してください。

  5. 下記画面が表示されますので、WindowsXPの場合「WinXP Promise Sata(tm) Controller」を選択し「ENTER」キーを押してください。(デバイス名はバージョンによって異なる場合がございます。)

  6. Windows2000の場合はキーボードの十字キーにて下方へスクロールしていただき、「Win2000 Promise Sata (tm) Controller」を選択し、「ENTER」キーを押してください。(デバイス名はバージョンによって異なる場合がございます。)

  7. 下記画面が表示されたら「ENTER」キーを押してください。(デバイス名はバージョンによって異なる場合がございます。)

  8. あとは通常と同じようにインストールが開始されます。

 II, 起動ドライブとして使用しない場合 

  1. Cドライブとして使用するハードディスクをシリアルATAコントローラではないほうのソケットへ接続し、通常通りWindows2000/XPをインストールしてください。

  2. インストールが完了しましたらデバイスマネージャを開いてください。

  3. その他のデバイス > 「大容量記憶域コントローラ」のプロパティを開き「ドライバの再インストール」をクリックしてください。

  4. 「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して「次へ」クリックしてください。


  5. 添付のBonusPackCDをCD-ROMドライブに挿入し、「次の場所を含める」にチェックを入れ「(CD-ROM):\Driver\Promise\Serial150\Driver\WinXP(またはWin2000)」と入力し「次へ」をクリックします。(検索場所はバージョンによってやや異なる場合があります。)

  6. 「続行」をクリックします。(デバイス名はバージョンによって異なる場合があります。)

  7. 「完了」をクリックします。

 

III 関連BIOS設定項目について

複数のハードディスクを装着する場合はBIOS設定にて起動優先順位を指定する必要があります。起動順位の設定は初期状態では下記のようになっております。

  • Advanced BIOS Features >

    • First Boot Device > CD-ROM

    • Second Boot Device > A

    • Third Boot Device > C

例えば下記のようにHDDを接続した場合、BIOS設定を変更しなければなりません。

  • ATA133ソケット(黄) Windows XP インストール済みハードディスク

  • ATA100ソケット(青) Windows Me インストール済みハードディスク

Windows XPを起動させるなら

  • (例)Advanced BIOS Features >

    • First Boot Device > CD-ROM

    • Second Boot Device > SCSI

    • Third Boot Device > C

Windows Meを起動させるなら

  • (例)Advanced BIOS Features >

    • First Boot Device > CD-ROM

    • Second Boot Device > C

    • Third Boot Device > SCSI

つまりATA133ソケットやシリアルATAに接続したハードディスクから起動させたい場合は、「SCSI」の起動順位を「C]よりも上にしてください。ATA100ソケットに接続したハードディスクから起動させたい場合は、「C」の起動順位を「SCSI」よりも上にしてください。

<よくあるお問い合わせのトップへ戻る>

Last Update 2006/08/25