Open Remote簡易マニュアル

A:OpenRemoteユーティリティーのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば自動的にインストールが始まります。

B:OpenRemoteの起動
「スタート>プログラム>Open Remote>Open Remote」の手順で起動します。OpenRemoteが起動されたら、右下にOpenRemoteのアイコンが出てきます。
リモコンを押すと赤く点滅します。
これで信号が来ているか確認できます。
C:OpenRemoteの使用方法
  1. 画面上のOpenRemoteアイコンをクリックすると図のような画面が表示されます。画面上の上下ボタン、あるいはリモコンのPG+/PG-ボタンを使い、リモートしたい項目を選択します。
  2. この手順が終わりますとアプリケーションをリモコンでコントロールすることが出来ます。
D:RemoteUtilityの使用方法
OpenRemoteUtilityを使えば、リモコンのボタン機能を自由に設定できます。
画面上OpenRemoteアイコンを右クリックしますと、図のような選択肢が表示されます。

「Utility」をクリックして起動します。

 

  • Up/Down:Remote Itemの内容を上下します。
  • Add:Remote Itemの内容を増加します。
  • Delete:Remote Itemの内容を削除します。
  • Modify:Remote Itemの内容を変更します。
  • Exit:RemoteUtilityを終了します。

 

  • Label:リモートしたいアプリケーションの名前。
  • File Name:リモートしたいアプリケーションの実行ファイルを指定します。実行ファイルを指定してからリモコンのPowerButtonを押し、アプリケーションを登録します。一回登録すれば、次回からこの手順はいらなくなります。
  • Remote Button:リモコンボタンの機能を設定します。
  • Key Setting:キーボード操作した際、何に相当するかを指定します。

 

 

<よくあるお問い合わせのトップへ戻る>

Last Update 2006/08/25