CPU対応表

AX4C MaxII / AX4C MaxII-P

ベンダー タイプ  コードネーム 周波数 FSB 結果 BIOS 備考
Intel Pentium4 Northwood 2.26GHz 533MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.4BGHz 533MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.53GHz 533MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.66GHz 533MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.80GHz 533MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 3.06GHz 533MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.40CGHz 800MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.60CGHz 800MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 2.80CGHz 800MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 3.0GHz 800MHz Pass R1.00以降  
Intel Pentium4 Northwood 3.20GHz 800MHz Pass R1.08以降  
Intel Pentium4 Northwood 3.40GHz 800MHz Pass R1.08以降  
Intel Pentium4
Extreme Edition
Gallatin 3.20GHz 800MHz Pass R1.08以降  
Intel Pentium4 Prescott 2.40AGHz 533MHz Pass R2.00以降 ※1
Intel Pentium4 Prescott 2.66GHz 533MHz Pass R2.00以降 ※1
Intel Pentium4 Prescott 2.80AGHz 533MHz Pass R2.00以降 ※1
Intel Pentium4 Prescott 2.80EGHz 800MHz Pass R2.00以降 ※1
Intel Pentium4 Prescott 3.0EGHz 800MHz Pass R2.00以降 ※1
Intel Pentium4 Prescott 3.20EGHz 800MHz Pass R2.00以降 ※1

※1 PCB37 , 77はご使用いただけません。Prescott対応版は型番がAX4C MaxII-Pになります。

PCBとは

基板デザインのリビジョンを表します。
PCB番号は、マザーボードをCPUソケットを右、PCIスロットを左のレイアウトで見た時に、右下済みに印刷されています。

PCB番号

ENG.NO.とは

エンジニアリングナンバーの略で、マイナーバージョンを表します。マザーボード上のバーコードラベルに印刷された末尾2桁の数字がエンジニアリングナンバーになります。(写真では「35」がエンジニアリングナンバー)

By Spec.とは

これは仕様上対応している(動作確認は行なわれていない)ことを表します。この場合サポート外ではありません。

<AOpenマザーボードCPU対応表 トップへ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.

Last Update 2005/03/22