CPU対応表

AX6BC

ベンダー タイプ  I/F コードネーム 周波数 FSB 結果 BIOS 備考
Intel PentiumII Slot1 - 233MHz 66MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 266MHz 66MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 300MHz 66MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 333MHz 66MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 300MHz 100MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 350MHz 100MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 400MHz 100MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 450MHz 100MHz Pass R1.00以降  
Intel PentiumII Slot1 - 500MHz 100MHz Pass R1.10以降  
Intel Celeron Slot1 - 266MHz 66MHz Pass R1.00以降  
Intel Celeron Slot1 - 300MHz 66MHz Pass R1.10以降  
Intel Celeron Slot1 - 333MHz 66MHz Pass R1.10以降  
Intel Celeron Slot1 - 366MHz 66MHz Pass R1.10以降  
Intel PentiumIII Slot1 Katmai 450MHz 100MHz Pass R2.20以降  
Intel PentiumIII Slot1 Katmai 500MHz 100MHz Pass R2.20以降  
Intel PentiumIII Slot1 Katmai 550EMHz 100MHz Pass R2.35以降  
Intel PentiumIII Slot1 Katmai 600MHz 100MHz Pass R2.35以降  
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 550EMHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 600EMHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 650MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 700MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 750MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 800MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Slot1 Coppermine 850MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 500EMHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 550MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 600EMHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 650MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 700MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 750MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 800MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2
Intel PentiumIII Socket370 Coppermine 850MHz 100MHz Pass R2.35以降 ※1※2

※1 以下のENG No が対応します。シリアルナンバー(S/N)の末尾の番号です。PCIスロットまたはISAスロットの脇に記載されております。

78, 33, 52, 17, 90, 82, 47, 66, 21, 04, 87, 42, 61, 26, 09, 00, 65, 38, 84, 57, 12, 49, 95, V2, M, N

※2 AOpen製コンバーターカードFC-PGAにて動作確認

PCBとは

基板デザインのリビジョンを表します。
PCB番号は、マザーボードをCPUソケットを右、PCIスロットを左のレイアウトで見た時に、右下済みに印刷されています。

PCB番号

ENG.NO.とは

エンジニアリングナンバーの略で、マイナーバージョンを表します。マザーボード上のバーコードラベルに印刷された末尾2桁の数字がエンジニアリングナンバーになります。(写真では「35」がエンジニアリングナンバー)

By Spec.とは

これは仕様上対応している(動作確認は行なわれていない)ことを表します。この場合サポート外ではありません。

<AOpenマザーボードCPU対応表 トップへ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.

Last Update 2005/03/22