CPU対応表

vK8T800a-LF

ベンダー モデルナンバー  CPUタイプ 周波数 結果 BIOS 備考
AMD Athlon64 3700+ Socket 754 2.4GHz pass R1.07以降  
AMD Athlon64 3400+ Socket 754 2.2GHz pass R1.07以降  
AMD Athlon64 3200+ Socket 754 2.2GHz pass R1.07以降  
AMD Athlon64 3200+ Socket 754 2.0GHz by spec R1.07以降  
AMD Athlon64 3000+ Socket 754 2.0GHz pass R1.07以降  
AMD Athlon64 2900+ Socket 754 1.8GHz by spec R1.07以降  
AMD Athlon64 2600+ Socket 754 1.6GHz by spec R1.07以降  
AMD Sempron 3400+ Socket 754 2.0GHz pass R1.07以降  
AMD Sempron 3300+ Socket 754 2.0GHz by spec R1.07以降  
AMD Sempron 3100+ Socket 754 1.8GHz pass R1.07以降  
AMD Sempron 3000+ Socket 754 1.8GHz by spec R1.07以降  
AMD Sempron 2800+ Socket 754 1.6GHz by spec R1.07以降  
AMD Turion64 MT-28 Socket 754 1.6GHz by spec R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 MT-30 Socket 754 1.6GHz Pass R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 MT-32 Socket 754 1.8GHz by spec R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 MT-34 Socket 754 1.8GHz Pass R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-28 Socket 754 1.6GHz by spec R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-30 Socket 754 1.6GHz Pass R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-32 Socket 754 1.8GHz by spec R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-34 Socket 754 1.8GHz pass R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-37 Socket 754 2.0GHz by spec R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-40 Socket 754 2.2GHz by spec R1.07m以降 ※1※2
AMD Turion64 ML-42 Socket 754 2.4GHz Pass R1.07m以降 ※1※2

※1 エーオープンジャパン独自の検証結果を基にしています(チップセットメーカーでは公式対応としておりません)。なお、定格クロックで運用するにはTurion 64 Processor Driverのインストールが必要です。

※2 R1.07mはTurion専用BIOSです。R1.07でも動作しますがファンコントロールが完全ではありませんので、Turionをご利用の場合はR1.07mへのアップデートをお勧めします。

R1.07mはこちらよりダウンロード可能です。

PCBとは

基板デザインのリビジョンを表します。
PCB番号は、マザーボードをCPUソケットを右、PCIスロットを左のレイアウトで見た時に、右下済みに印刷されています。

PCB番号

ENG.NO.とは

エンジニアリングナンバーの略で、マイナーバージョンを表します。マザーボード上のバーコードラベルに印刷された末尾2桁の数字がエンジニアリングナンバーになります。(写真では「35」がエンジニアリングナンバー)

By Spec.とは

これは仕様上対応している(動作確認は行なわれていない)ことを表します。この場合サポート外ではありません。

<AOpenマザーボードCPU対応表 トップへ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.

Last Update 2005/11/15