SitemapGlobal Site
製品情報サポート会社情報
ダウンロード | よくあるお問い合わせ |
  Motherboard Test Reportご利用案内

  1. Select Model : 型番を選択します。
  2. Select Test Function : カテゴリ ( ドライバ/BIOSなど) を選択します。"All Category"のままですと、全てのカテゴリが表示されます。選択が終わりましたら"Search"(検索)をクリックします。何も選択せずに"Search"(検索)いたしますと、下図のようにその型番でご覧頂けるレポート項目の一覧が表示されます。
  3. The Latest Releases : 最近更新された型番の一覧です。

Search(検索)結果画面

ここで、CPU Compatibility Test (CPU対応表)の注意点をご説明いたします。

  1. Comment : ここには対応条件などが記載されております。ここで使われる用語の一例です。
    • Over Spec : 結果的に動作いたしましたが、製品仕様上は対応していません。
    • Not Recommend : 推奨は致しません。サポート外です。
    • PCB Version :基盤のバージョンを表します。基盤のバージョンによって対応できたり出来な立ったりする場合に表記されます。PCBナンバーはマザーボード基板上CPUを上部にして見たときの右上端に書かれた2桁の数字です。
    • ENG Version : エンジニアリングバージョンを表します。製造ロットによって対応できたり出来なかったりする場合に表記されます。エンジニアリングバージョンはシリアルナンバーの末尾2桁の数字です。
  2. HW / BIOS Version : 動作確認が取れた際のハードウェアバージョン・BIOSバージョンです。ハードウェアバージョンとはPCBバージョンのことですが、基本的にここの欄では気にしないでください。バージョンによって対応・非対応が別れる場合はComment欄に記載されます。BIOSバージョンについては例えば、R1.00で対応確認が取れていれば、それ以降のBIOSバージョンでは対応出来ます。

Result欄に"By Spec"と書かれている場合があります。これは仕様上対応(動作確認は行なわれていない)していることを表します。この場合サポート外ではありません。

■技術情報

ダウンロード

よくあるお問い合わせ(FAQ)

各種対応表・動作確認リスト

AOpen製品保証規定

RMA修理サービス

サイト内検索
プライバシーポリシー | Legal | AOpenへのお問い合わせ