Tech Inside

ギガビットイーサーネットLAN

ローカルエリアネットワーク(LAN)は、近年激しい変化を遂げてきました。ネットワークによる高品質のストリーミングメディアや電子商取引、エンターテインメントへの応用のニーズが急速に増加するにつれて、ネットワークバンド幅に対する膨大な需要が、これから新たな効率的なデータ転送方法を必要とします。さらに、インターネットバックボーンプロバイダーであるUUNETの最新調査によると、インターネットの使用量は3.6ヶ月ごとに倍増するという結果がわかりました。データへの需要が急増している態勢に備え、LANマネージャーは新技術の評価及び採用に迫られています。

ネットワークデータの入手に対するバンド幅向上への需要に応えるため、IEEE Gigabit Ethernet Committee (IEEE802.3z) は1998年6月にギガビットイーサネット基準(GbE)を 策定しました。ギガビットイーサネット基準により、ギガビットイーサネットLANは毎秒1,000メガビットのデータ転送が可能で、従来の10/100BASE-Tイーサネット基準より10倍の速さを実現します。

ギガビットイーサネットLANソリューションはファーストイーサネットにも対応可能です。まさにでコストパフォーマンスの高い投資効果に優れて、ネットワーク接続のボトルネックを軽々と素早く打破することができます。

異なるイーサネットソリューションの比較表

Ethernetソリューション 10BASE-T 100BASE-T 1000BASE-T
Ethernetプロトコル 802.3i 802.3y 802.3z
データ転送レート 10Mbps 100Mbps 1000Mbps
最大距離 100メートル 100メートル 100メートル
メディア UTP (Untwisted Pair)
カテゴリ3/4/5
UTP
カテゴリ3/4/5
UTP
カテゴリ5  4Pairs
配線 スター型 スター型 スター型

ギガビットイーサネットの利点

  • 時間を短縮: ギガビットイーサネットLANの採用により、ユーザーはネットワークでの待ち時間を短縮し、生産性を向上させることができます。また、ギガビットイーサネット規格は最も一般的に使用されるネットワークプロトコルであるファーストイーサネット基準から発展してきたので、ネットワークマネージャーはこの新しいギガビットイーサネット規格を熟知しているはずです。
  • コストを低減: ギガビットイーサネットLANは光ファイバーケーブルよりメンテナンス費用のかからない銅接続ケーブルを採用しています。既存のカテゴリ5配線構造を変更せずにネットワーク性能を大いに向上させることができます。
  • 信頼性を向上: 1000BASE-Tのビット誤り率は100億分の1以下で、テスト結果はギガビットイーサネット基準の信頼性を裏付けるものとなります。

AOpenはギガネットイーサネット機能をIntel Springdale-G、Springdale-PE、875P Canterwoodシリーズマザーボードに統合しています。これらのマザーボードに関するより詳しい情報は、下記アドレスより参照が可能です。
http://english.aopen.com.tw/products/mb/

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.