Tech Inside

ハイパートランスポートテクノロジー

コンピュータ科学のボトルネック

コンピュータ部品の動作速度はどんどん向上しています。ノースブリッジとサウスブリッジ間の帯域幅はデータ転送のボトルネックに直面し、コンピュータ性能に悪影響を与えています。このバンド幅のボトルネック問題さえ解決できれば、コンピュータの処理性能も大幅に増強されることができます。下表はよく使われているインターフェースの帯域幅の比較表です。次世代I/Oテクノロジーと比べたら、これらのバンド幅は比較的に小さいです。

ハイパートランスポートテクノロジー

ハイパートランスポートテクノロジーは集積回路にアップグレード可能、超高速、高性能、ポイント対ポイント接続などの機能を提供する革新的な設計です。4ビット/8ビット/16ビット/32ビットの高速シリアル接続は、最大 12.8 GB/秒のバンド幅が実現でき多数の64ビットGHz+級のプロセッサやインテル「InfiniBand」及び10ギガビットEthernetなどの最新I/O技術をサポートします。一連の物理インターフェースというよりもプロトコルであるハイパートランスポートは、必要な場合に応じて新アプリケーションに対応できるようにアップグレード可能です。ハイパートランスポートプロトコルにより、データはデータブロックやパケットに分割され、各データブロックの長さは最大64バイト対応可能です。

ハイパートランスポートテクノロジーはシステムバス数を削減し、組み込みアプリケーションへの高性能接続を提供します。ハイパートランスポートテクノロジーにより、パソコン(相互連結のネットワーキング及びコミュニケーションデバイス)内のチップは既存技術の最高40倍まで高速化できる動作速度を実現することができます。ハイパートランスポートは0.13ミクロンプロセスより微細化されるチップの専用技術です。

ハイパートランスポートテクノロジーは他のI/O技術に取って代わる目的ではなく、 高く標準化されたチップ対チップの相互連結機能を提供し、メモリとI/Oデバイス間におけるデータ転送速度への要求を満たす上、従来の低速I/Oデバイスと新型の高速I/Oチャンネルを簡単に接続することもできます。

ハイパートランスポートテクノロジーへの展望

いま、AMDやアップル・コンピュータ、ブロードコム、シスコ、nVIDIA、SGI、サンマイクロシステム、Transmeta社などの業界リーダーが勢揃ってハイパートランスポートテクノロジーの発展への促進に力を入れています。ハイパートランスポート技術はPCIベースシステムと後方互換性を持っているため、業界から力強い支持を得ています。ハイパートランスポートテクノロジーにより、ネットワーク機器メーカーはソフトウェアを大きく変更する必要なく、またはソフトウェアやアーキテクチャの変更なしで、直ちにポート数とバンド幅を拡大することができます。ハイパートランスポートの時代は既に到来しました!

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.