Tech Inside

シリアルATA

従来から使用されるパラレルATAの規格は1980年代に策定されて以来、パソコン用の標準ストレージインターフェースのデータ転送速度は、わずか3メガバイト/秒となっています。最新インターフェース規格のUltra ATA-133は最大133メガバイト/秒までおよぶバーストデータ転送速度を実現しました。しかし、ATA規格は顕著な成績を上げたにもかかわらず、次第に時代の遅れを取りつつあり、5ボルト信号電圧の制限やハイピンカウント、ケーブル配置の煩雑など現在の研究開発者を悩ませる設計関連の問題を多数抱えています。

シリアルATA規格はこれらの設計の問題を解消し、より高速転送レートを必要とするコンピュータへの要求を満たすことができます。シリアルATAはパラレルATAを置き換える規格として、既存のオペレーティングシステムやドライバとの互換性を保ちながら、性能を大幅に増強しました。シリアルATAは消費電圧と必要なピン数を減らし、薄くて配置しやすいケーブルが使用可能でケーブルの簡素化を実現します。さらに、シリアルATAは150メガバイト/秒のより高速な転送レートを実現し、そして次世代のシリアルATA規格においてデータ転送速度は倍増すると期待されています。

  パラレルATA シリアルATA
バンド幅 100/133 MB/秒 150/300/600 MB/秒
電圧 5V 250mV
ピン数 40 7
ケーブル長の制限 18インチ (45.72cm) 1メートル (100cm)
ケーブル形状 幅広 小さい
通風状態 悪い 良い
Peer-to-Peer No Yes

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.