Tech Inside

SilentPower

不要な騒音をさらに低減させるために、我々は「Silent Power」と呼ばれる斬新な機能を開発し、電源ユニットのファンからの騒音をコントロールします。簡単に言えば、この「Silent Power」機能はユーティリティで電源ユニットのファンの回転速度を制御することにより、激しい騒音を抑制することを目的としています。マザーボードにケーブルを接続することにより、マザーボードの温度を簡単に監視し、ファンの回転速度を適切にコントロールすることができます。

この機能を活用するために、特別設計したAOpen電源ユニットを使用してください。2ピンと3ピンのケーブルが各1本装備され、それぞれ電源ユニットのファンの温度の検出と回転速度(RPM)の監視に使われています。電源ユニットのファンにある温度フィードバック回路は、不適当な回転速度の設定による過熱を防ぎます。電源ユニットを設置後、SilentTek II機能を起動し、自由に設定を行うことができます。

この2ピンコネクタは、マザーボードの実際温度の検出に使用します。ユーティリティはそれに合わせて動作します。

上図の3ピンコネクタは、2ピンコネクタからの温度信号を受け取った後、電源ユニットのファン回転速度を制御します。

SilentTek IIの新機能

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.