Tech Inside

ATA133ATA133インタフェース

ハードディスクドライブ業界はより速くてより大容量のドライブを導入することにより、現在のUltra ATA100のインターフェースではドライブとホストコンピュータ間のデータ転送のボルトネックを起こします。

この問題を回避するために、ハードディスクメーカーは、データの転送レートが最大133MB/秒の新しいUltra ATA-133インターフェースの技術を導入しました。

いくつかのAOpenのマザーボードは、ATA-133インターフェースを搭載しています。AOpenは、新しいマザーボードの最高の性能とシステム速度の要求を満たすために、あなたのシステムとATA-133の技術を搭載したハードディスクの組み合わせで使用する事をお勧めします。

Mode Clock Period Clock Count Cycle Time Data Transfer Rate
ATA 33 30ns 4 120ns (1/120ns) x 2byte x 2 = 33MB/s
ATA 66 30ns 2 60ns (1/60ns) x 2byte x 2 = 66MB/s
ATA 100 20ns 2 40ns (1/40ns) x 2byte x 2 = 100MB/s
ATA 133 15ns 2 30ns (1/30ns) x 2byte x 2 = 133MB/s

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.