Tech Inside

CPUオーバーヒート
プロテクションテクノロジー

AMDプロセッサの速度がさらに向上し続ける一方で、高い動作温度を伴う問題に悩まされている事も避けられません。CPUファンが突然の機能停止によるAthlonXP CPUへの焼損を防ぐため、AOpenは新技術CPUオーバーヒートプロテクション(O.H.P.)テクノロジーを開発しました。AOpenオーバーヒートプロテクションテクノロジーによるインテリジェントなモニタ機能によって、ユーザーはファンが停止した時でも、CPUへの損傷を心配する必要がありません。

CPUファンが正常動作している場合には、AthlonXPの温度は最大許容値の97℃よりはるかに低く抑えられているはずです。 しかし、AOpenオーバーヒートプロテクションテクノロジーを事前に採用していなければ、CPUファンが突然に機能停止したり、正しく取り付けられていなかった場合に、CPU温度は急激に上がり、システムがハングアップし、CPUが焼け焦げてお手上げ状態になる可能性は十分あります。AOpenオーバーヒートプロテクションテクノロジーを搭載すれば、AthlonXP CPUの温度感知ピンがファン停止時のCPU過熱状態におけるプロセッサの電圧変化を探知し、過熱防止システムは過熱によるCPUへの可能な損傷が発生する前に、直ちに信号を送り、CPUへの電源供給を切断します。他社の製品がBIOSやソフトウエア上でCPUへの電源供給をコントロールしているのに対し、AOpenオーバーヒートプロテクションテクノロジーはシステム起動後にすぐハードウエアによってコントロールされ、システムリソースを消費しません。お客様の大事なハードウェアと個人データを保護するために、この素晴らしい機能をこれからリリースされるAMDシリーズマザーボードに搭載していく予定です。

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.