Tech Inside

騒音を消去させるSilentTek

 

CPUクロックが大幅に向上し続ける一方、システムにより高い熱と温度をもたらしてしまいます。しかしながら、われわれはこの熱問題を解決する方法として、単にファンの装着数を追加して機器の温度をできる限り下げて、過動作のシステムを保護しようとしています。

ファンの装着数を増やすと同時に、パソコンで仕事している時にファンの騒音にかなり悩まされているユーザーが大勢いると思われます。実際、大抵の場合にファンを常に高速運転させる必要はありません。逆に、ファンが適切な時間及びスピードで運転できれば、騒音の低減が実現可能な上、システムの必要電力を最小限に抑制することができるので、消費電力の無駄使いを防ぐことができます。

現在、AOpenマザーボードはシステムの騒音を消去する斬新なソリューション「SilentTek機能」を提供しています。ハードウェア回路やBIOS、Windows環境でのユーティリティと相俟って、SilentTek機能は「ハードウェアモニタ機能」、「過熱警告機能」及び「ファンスピードコントロール機能」を提供し、ユーザーの操作しやすいインターフェースで騒音、システム性能及び安定性の間に完璧なバランスを保っています。

下図は電圧状態ページです。あらゆる電圧の状態をチェックし、警告のマージン値を自由に設定することができます。

「温度 / ファン / シャーシー」ページから、CPUの現在の温度やシャーシー内の放熱状態を知ることができる上に、ファンの運転が適切なのか確認することもできます。

勿論、グラフで記録データを表示させたい場合に、単にグラフィックボタンをクリックし、必要なグラフを選択することも可能です。このグラフはこのページを起動した時点からシステムのシャットダウンまでデータを記録し続けます。

以下はこのユーティリティに関する重要な説明です。このページに記載されているオプション機能で特定のファンの回転速度をコントロールすることができます。

  1. Smart FAN Control(インテリジェントなファン回転速度のコントロール機能): SilentTek機能のデフォルト設定で、いかなるシャーシーにも適用します。AOpenの特別開発した制御アルゴリズムにより、ファンの回転スピードはプロセッサ及び周囲温度で自動的に調整されます。同時に多数のアプリケーションを実行するようなローディングの重い場合を除いて、ファンの回転速度は殆ど常にゼロ状態になっています。実に操作が簡単なトラブルフリーユーティリティです。
  2. Fixed FAN Control(ファン回転速度の固定機能): この設定では、動作中のファンの回転速度を固定することができます。
  3. Multiple Level Control(マルチ詳細設定のコントロール機能): ファンの温度に合わせて回転速度を自由自在に詳細設定できる最も適切な項目です。
  4. AOpen Recommend Setting(AOpen推奨設定): これはAOpen シャーシー用の特別設定項目です。現実世界の異なるシナリオにおいてプロセッサの動作及び温度を考量に入れた騒音低減の最適なファン回転速度を見出す一連の実証テストの結果によると、大抵の場合にCPU がフルロードでない時にファンが停止状態にあることが分かりました。
  5. Enable CD-ROM Rotation Speed Control(CD-ROM回転速度コントロール項目): CD-ROM回転速度コントロール項目を有効にすることでご使用のCD-ROMドライブの回転速度を調整することができます。スピードを最高に設定すると、CD-ROMが最速のスピードで動作しますが、最低に設定すると、要求される基本的なスピードで動作します。

<目次へ戻る>

Copyright ©2003, AOpen Japan Inc., All rights reserved.